WEBライターになるには

憧れ職業のWEBライターはどういう仕事?

最近はWeb上に文章をブログなどで掲載している個人の方もいますが、WEBライターは、Webサイトに掲載する文章を書くことを専門とする仕事を行っています。
通常ライターというと雑誌や書籍などに掲載する文章を制作しますが、WEBライターの場合、掲載する文章は様々です。

時にニュースサイトの記事という事もありますし、ネット広告の文章を書くという事もあります。
製品についての説明文を書くこともありますし、その内容も多岐にわたります。

フリーとして働いている方もいますが、通常は企業に属しその企業のWebサイトに掲載する文章等を書いています。
また知名度の高いポータルサイトなどでは、専任となるWEBライターを保持しており、さまざまなことについてライティングするという事もあります。

こうしたWeb系の職種としてはエンジニアなどの技術的な知識を持っている方、プログラムを構築できる能力をお持ちの方などの仕事が脚光を浴びていますが、実はこのWEBライターの仕事についても、人気が高くなっているのです。

WEBライターになるために必要なスキルは?

最も重要な事として、文章作成能力が挙げられます。
文章を読む方が面白い、楽しい、ためになると思える文章、また知りたいと思っている記事内容にすることが必要となります。

また文章を読んでもらうためには、そのサイトへ来てもらう事が重要となりますので、SEOを意識した文章を書くことができるかどうか、これがしっかりできるようになるとWEBライターとして認められるといってもいいでしょう。

コンテンツの文章を作成するにあたり、大勢の方が読みたいと思う記事、文章となっているのかどうか、意識しながら書くことが必要となるのです。
一般的な雑誌等のライターの場合、文章能力、魅力的な文章を書くということが重要な要素ですが、WEBライターの場合、検索エンジン上位になるかどうか意識します。

検索エンジンの上位表示となる事で、より多くの方の目にその記事がふれることつながります。
そのため文章作成能力のほかにも、適切なキーワードを読みやすく、適度に散らすことができるなどの技術も培っていくことが求められます。

ただキーワードを盛り込むという事だけではなく、適度な数、また魅力ある文章に仕上げていくことが必要となります。
その文章構成力を持っているという事もWEBライターにとって重要な要素となります。

コツコツと継続的な仕事をすることが大切

どのWEBライターも最初は金額も低く、それほど多くの依頼もなく、これで仕事が成り立つのかなという不安を持っています。
最初からコンスタントに仕事を貰えるライターはほとんどいないと考えていいでしょう。

現在活躍されている多くのWEBライターは、小さく単価も低い仕事からコツコツとはじめて、継続的に仕事をしていく中でスキルを向上させ、地道に経験を積んでいくことが大切です。

経験を積み文章スキルが少しずつ上がっていけば、次第にいいお仕事も貰えるようになり、WEBライターとして活躍できる人材となるでしょう。