WEB編集者になるには

WEB編集者の仕事内容とは

WEB編集者の仕事はWebに掲載する記事を企画、制作などを行い、最終的に公開するという仕事になります。
コンテンツの企画、編集などについては、企業によってやり方もWEB編集者が行う業務も違いがあります。

通常は企画を立案しページのデザインの概要を決めて、その内容にあったライティングができるWEBライター、さらには必要な写真がとれるカメラマンなどを手配します。
それから実際に取材する際同行し、それによって書かれたライティング原稿が企画に沿ったものなのか、間違い等がないかチェック、修正し、WEBデザイナーに渡します。

こうして最終的に出来上がったWEBページをサイトとして公開するまでがWEB編集者の仕事です。
主軸となるのは、どういった記事を公開するかという企画をあげていくことで、後悔する時期に合わせてトレンドとなる記事、ユーザーがみたいともう記事を企画する仕事です。

時代に何が求められているのかを把握することが必須

作り上げるコンテンツがどのような部類になるのか、それによっても企画案が違ってきますが、WEB編集者としてどのような物を作り上げていかなければならないのかしっかり把握することが必要です。

今流行している物、話題になっている出来事、ユーザーが知りたいと思いインターネット上でどのような情報を検索するのか、これを理解するために雑誌、新聞などをチェックするほか、関係あることについて幅広い知識を持っておくことも重要な事です。

WEB編集者はこれから先需要が高くなっていく

ライターが記事を書いてそれに見合った写真、イラストなどを選び掲載する、こうした作業をただ行っているというだけではPV数はそれほど伸びないといわれています。

数えきれないほどのサイトから魅力あるコンテンツとしてユーザーに選ばれるためには、人を惹きつけるためのタイトル、記事、写真が必要です。

ただにあったタイトルを付けるのではなく、SEOを理解して上がってきたタイトルを編集する、記事をチェックして直しする、このWEB編集者の仕事によってPV数が格段に伸びるという事もあるのです。

ほんの少しの修正であっても、それが現代のユーザーの心に引っ掛かるものであれば、魅力あるコンテンツとしてユーザーに認められ、PV数の伸びにつながります。
そのほんの少しの修正をセンス良くできるかどうか、WEB編集者にかかっています。

仕事内容は係るプロジェクトによっても違いがありますが、ライティングや画像、さらに現代のトレンドなどについて情報を持っていることが求められます。
WEB編集者は、幅広い知識と情報収集能力、そして求められることに対して対応できる総合力なども必須となる仕事です。

今後、こうしたWEB編集者はより求められていくと考えられていますので、WEB編集者として必要な能力を養っておくと、転職や就職などにも有利になるでしょう。