WEBディレクターになるには

WEBディレクターの仕事内容って?詳細を知りたい

就職、転職情報サイトなどでIT系などの就職先を探している時によく見かけるのがWEBディレクターという言葉です。
WEBディレクターと聞いても、一体どのような仕事をするのか?とわからない方が多いと思います。

ディレクターというのは監督、指揮をとる人という意味を持っています。
IT業界のディレクターといえば、クライアントの要望を聞きデザイナーやライター、またプログラマーなどの制作スタッフのまとめ役、さらに進行・品質の管理などを行う人です。

実際の仕事内容はプロジェクトにかかわる人材の確保、スケジュール設計、進行、さらに管理、コンテンツに対しても品質についてもチェックし問題があれば構成し直すなどの指示も行います。

こうした仕事内容はどの企業、業界のWEBディレクターとなっているのかによっても違いがありますが、チームをまとめて必要な業務の遂行が円滑にいくように手配、配慮するという事がWEBディレクターの仕事です。

WEBディレクターは一つの仕事についてディレクションするわけではなく、通常、複数のプロジェクトを同時に進行する事が多いので、効率よく合理的に仕事をこなせる能力も必要ですし、各クライアントの要望を正確に理解し、要望に沿ったスケジュールが遂行されるように管理していくことが求められます。

何かの仕事を兼務するという事もあるので、兼務する仕事との調整を考えながら、自分がしなければならない仕事をしっかり考えていくことも必要です。

プランナー兼務という場合も多い

WEBディレクターとしての仕事に加えて、簡単なコピーライティングを行ったり、取材、撮影をこなさなければならない場合もあります。
コンテンツ内容の企画などについても考える事が必要となるので、何でも屋的に考えておく方がいいのかもしれません。

センス、技術、知識など様々な能力を駆使しないとならないので、複数の仕事を行うとなる経験や実績なども必要です。

必要なスキル、資格などは?

イラストレーターやフォトショップなどのスキルが必ずしも必要という事はありませんが、こうした技術を持っているという事は転職などの際に有利になります。
プランニングなどをこなす必要もでてくるので、こうしたことを行う時に持っていると有利になる資格もあるのです。

プログラミング、デザインなどの理解力を持っているという事になれば、企画など必要なときに知識を利用して仕事に活かすこともできます。
業務全体をしっかり把握する必要があるWEBディレクターは、スキルも資格も幅広いものを持っている方が何につけても有利になるとかんがえましょう。

仕事に入ってから資格を取得するとか勉強するというのは基本的に無理です。
非常に忙しい現場となりますので、WEBディレクターを目指したいという方は、時間がある学生の時などに出来る限り、技術を身に着け資格を取得しておく方がいいでしょう。