システム監査技術者になるには

システムの深い理解が必要なシステム監査技術者

現代はコンピュータなしでは何もできない時代となっています。
お金をおろすにしてもATMを利用しますし、交通機関についても運行管理等システム化され、コンピュータ制御されています。

もしもこの管理システムに何らかの不具合があった場合、日常生活に支障をきたし、高付間も麻痺してしまうため、システムを管理し、トラブルがないようにしておくこと、メンテナンスを行う事は必須です。

情報システムを駆使する世の中で、システム管理について総合的に評価、点検、判定を行うのがシステム監査技術者です。
システムについて信頼性があるのか、安全性はどうなのか、効率よく気密性をもって可動しているのか、保全性はどうなのか、こうした様々な側面を調査します。

調査によって脆弱性が見つかった、信頼性に問題がある等、問題がある場合、そのシステムに関係する方々に説明を行い、コンピュータがダウンしてしまう事がないように適切な防止策を考案、さらにこの先そういったことが起る事のないように改善していくべき点などを提案します。

こうしたシステム管理を行うに当たり、システム監査技術者はコンピュータのハード面にしてもソフト面にしても、構造、理論に深く精通していることが求められ、この資格はシステム系の資格の中でも上位に位置しています。

システム監査技術者としての働き方や資格

コンサルティング会社に勤務しているという場合もありますが、一般的には情報処理関連の企業やコンピュータのメーカーなどに雇用されていることが多いです。
内部の監査として作業する事もありますが、外部の企業等へ監査に出向くという事も少なくありません。

この場合、クライアントの現場の中で作業するという事が多くなるので、出張することも多くなりますし、長い期間が必要な場合は長くそのクライアント先に移動するという事もあります。

コンピュータのソフト面やハード面に精通しておくことが必要となるので、深い知識を持っておくことが必要になります。
また分析する能力や集中力なども備えておくことが大切です。

資格についてはシステム監査技術者の資格、公認システム監査人の資格などがありますが、いずれも難しい資格となりますのでしっかりと基礎知識をもって挑むことが必要な資格です。

試験は誰で儲ける事が出来ますが、システム管理について立案や実施、報告などしっかりと責任をもってこなすことが必要となるため、試験内容はかなり難しく難関といわれています。

資格取得が必須という仕事ではありませんが、資格を持っていることで信頼性が高くなります。
仕事上、信頼が第一という事もありますので、システム監査技術者の資格など取っておくことで就職転職にかなり有利になると考えていいでしょう。