SEOコンサルタントになるには

ところでSEOとは何か?理解していますか

SEOというのは検索エンジンの最適化を指します。
検索エンジンを最適化し、それによってWEBサイトがたくさんの人に検索されるようにしていく流れ、業務をSEOといいます。

マーケティング、設計、技術といった検索してもらいやすいサイトを構築するために、サイトに足りないものを捕捉し、必要ないものは除外するなどの編集作業などを行い、時には一新し、より多くの方が閲覧しにくるサイトを目指していく、その作業がSEOです。

SEOコンサルタントの仕事

検索エンジンについてアルゴリズムを理解しておくことが必要です。
アルゴリズムというのはコンピューターで計算を行う際の計算方法の事を指します。
コンピュータ上、IT上の問題を解決するための方法がアルゴリズムとなりますので、この理解がなければ、SEOコンサルタントは務まりません。

検索エンジン上の問題となっている箇所を解析し、見てほしいキーワードについて、検索上位に持っていくために何が必要なのかを施策し実践するという仕事がSEOコンサルタントの仕事です。

アルゴリズムの理解のほか、インターネット業界について幅広い情報を網羅し、常に新しい情報に精通しておくこと、その情報収集能力を持っておくことも必要です。

SEOコンサルタントに求められるスキル

最も重要となってくるのがアルゴリズムを解析する能力、技術、知識です。
検索エンジンの論理をしっかりと勉強し、検索エンジンを最適化するために何が必要となるのか、論理、その問題解決のための考え方をクライアントに伝えるという事が必要です。

その為には自分が考えていることをアルゴリズムなどに精通していない一般の方、クライアント、顧客に対して丁寧に理解してもらう必要があります。
この理解のために知識や技術を提供するのも、SEOコンサルタントの仕事です。

説明によってクライアント等が問題解決の方法を理解してもらうためには、プレゼン能力も大切な要素となります。
勿論、人に説明を行うという事ですから、コミュニケーション能力や人に物事を丁寧に伝える忍耐力も持っているべきでしょう。

解析の結果について最適化を図るために必要な技術、知識としては、HTML(WEBページを制作するために開発された言語)はもちろん、CSS(WEBのスタイルを指定する言語)のコーティングなど基礎知識も得ておくことが重要です。

通常こうした多岐にわたる能力が必要となる事から、SEOコンサルタントとして活躍するためには、WEB制作に携わっているなどの経験や、WEBディレクター、編集者などとして経験を持っているという事も有利となります。

非常に幅広い知識が必要となるため、常に情報を集めて分析し、現代に適したコンテンツにするため何が必要かを常に考えていくことも求められます。