セールスエンジニアになるには

セールスエンジニアとはどんな仕事?

機会系のメーカー、IT企業などに勤務し、技術的知識を持っている営業職、それがセールスエンジニアです。
例えば顧客から自社製品の機械的な説明をしてほしいといわれた時、相手の方にわかりやすく丁寧に技術的な質問に答える、仕様についての打合せをするなどの業務を行います。

自社の製造現場では得意先企業とコンタクトをとり、自社製品を売り込むという事も行いますし、技術的な知識とコミュニケーション能力を持ち、アクティブに業務を遂行する立場にあります。

技術的な知識、能力を持ちながらも営業職をこなすという事で、ビジネスマンとしてはかなり能力が高いと認識され、給与面も優遇されるといいます。
給与面については企業によって違いもありますし、地域性もありますが、通常の営業マンよりは水準が高いと考えていいでしょう。

仕事内容ですが営業と技術、両方の能力を持っているという事もあり、顧客や取引先に自社製品など導入を図るという仕事になります。
企業によって仕事内容は変化があると思いますが、製品についてどのような技術があるか取引先等に専門知識をもって伝えるという事が主軸の仕事です。

顧客、取引先から仕様変更を求められた場合、自社の製造担当者に仕様変更について説得するという事も行います。
製品も企業により違いがありますが、機械、システム機器、さらにソフトなどを含む製品等、かなり多岐にわたる為、自社製品に対する正確な知識が必要です。

セールスエンジニアになる為に必要な資格はあるのか?

通常、いきなりセールスエンジニアとして働くという事はほとんどありません。
企業に就職、転職し設計製造にかかわる事で自社製品の仕組み、扱っている機器の把握等様々な技術を学びます。

研修や現場で技術、技能を学びますがその中で営業のノウハウについても学びます。
セールスエンジニアになるためには技術についての能力を持っていることに加えて、その技術について詳しく説明できなければなりません。
製品の導入、設置に関しても知識を持っておく必要があり幅広い知識が必要です。

資格等についてはシステムエンジニア系の資格等持っていれば有利ですし、技術系の資格等取得されている方も少なくありません。
ただ企業に入って技術、営業ノウハウを学びその後、セールスエンジニアの資質があるとされた人が上司の判断によってセールスエンジニア部門に転属するという事が多いです。

資格の有無は企業によって持っていれば優遇されると思いますので、IT、情報処理、システム系の資格を取得しておくといいでしょう。
その他、取引先に海外企業があるという場合には、英語力が求められることも多いのでTOIECなどの成績を向上させておくことも考えるべきです。