ITコンサルタントになるには

コンサルタント

企業が持っている課題は多い

周りから見ると順風満帆に見える企業であっても、全く何の問題もないという企業はありません。
少なからず何らかの問題、悩みを持っています。
企業が持っている問題や悩みを解決するためには専門的な知識が必要となりますが、問題解決方法だけではなくこれから先問題が起らないように予防するための対策も必要となりますし、幅広い知識と経験、実績なども必要となってきます。

その為に必要な人材となるのがITコンサルタントです。
経営コンサルの知識を持っていること、プラスITによる問題解決に対応するためのノウハウがある事、さらに予防対策、その方法の構築など多岐にわたる能力が必要となるため、この人材確保については企業もかなり力を入れています。

クライアントによって全く違う仕事内容

ITコンサルタントの仕事はクライアントによって求められるスキルが全く違います。
求められる仕事の主軸になるのは当然ITを駆使して経営についての問題をどう解決するかという事になりますが、クライアントそれぞれが持っている問題、課題が違うため求められるものも違ってくるのがこの仕事の難しいところです。

予防対策に関しても問題解決に関しても、企業独自のシステムを開発する事が必要となりますし、現在企業が遂行しているシステムを利用するのであればどこを改善していけば企業にとって問題を解決し、経営にとってプラスになっていくのかを考慮していかなければなりません。
ITコンサルタントは、企業の経営に関する部署の人材と経営陣と共にシステム開発、最適化を行っていくことが必要なので、コミュニケーションをしっかり築き上げていく力も重要な要素となっていきます。

ITコンサルタントに必要な三つの要素

ITコンサルタントとしてシステム開発、最適化を行っていく中で三つの要素をこなしていかなければなりません。
クライアントの希望がどのようなものであれ、アナリストとしての要素、コンサル要素、さらにマネージャーとしての要素も必須となります。

システム全体を見直す、若しくは作り直すことが必須の場合もありますので、アナリストとして現在システム上に問題がある部分を修正して行くことが求められますし、使用書として提案し、そこから生まれる修正などを経営に関する専門知識によって解決していく事も必要です。
最終的に企業の持っているプロジェクトを総括するという働きも求められるため、品質管理や関係各所との調整なども行います。

冷静に問題を解決するための知識、必要な技術を持っている人材のまとめ役ともなるITコンサルタントは、共調性も論理的思考も必須です。
経営陣にシステムの問題を提示し、解決のために何が必要なのか伝えていくことも重要です。

さまざまな能力が必要となるITコンサルタントですが、難しい仕事だからこそ納得できる仕事ができればやりがいのある仕事です。
年収を見ても30代で640万円弱ですから、このITコンサルタントという人材を企業がどれだけ大切な人材とみているかお分かりになるでしょう。